1. TOP
  2. キャッシュバック
  3. サイバーセキュリティにもNURO光が、カギとなります

サイバーセキュリティにもNURO光が、カギとなります

キャッシュバック 光回線 速度 この記事は約 3 分で読めます。

新たな脅威に対抗するにはNURO光をつかいましょうね

インターネットやセンサーなどの進化を背景に、家電や自動車、工場など

世界中の様々なものがインターネットにつながるIOT機器数は

2020年には2017年比47パーセント

増の403億個に達すると予想されています

今後はこれらIOT機器から膨大な量のデーターを収集することが可能となります

データーを活用して生産性の向上や新しいサービスなどが

実現することが期待されます

しかし一方でIOT機器をねらったサイバー攻撃が増加傾向にあります

2017年に観測された攻撃のうち54パーセントがIOT機器を対象としたものでした

新たな脅威へのサイバーセキュリティ対策が求められています

だからこそ!!今、一番のカギとなるのはNURO光です

 

デジタルマネーでの給料支払いが解禁へ

今後、日本でも、消費までの資金の流れが大きく変わる可能性があります

厚生労働省は2019年にもカードやスマホの資金決済アプリに電子情報のみで

代金を支払うことができるデジタルマネーで給料の支払いができるように

規制を見直す方針です

これにより、私たちは銀行口座を介さず給与を受け取ることができるようになるかもしれません

このように社会が変化しつつある中、今後、キャッシュレスに対する関心と高まりとともに

クレジットカード決済やデビットカード決済がより広まっていくでしょう

また、従来の金融システムとは違う形で全く新しい形での金融サービスが登場して

社会の在り方を大きく変えるかも知れません



例えば規制緩和により銀行口座以外で給与をうけとることができるようになれば

ラインやPAYPAYなどの活用が広がると期待されます

現金決済インフラの直接的な年間コスト

キャッシュレス決済が進展すれば現在の現金決済インフラにかかっている

社会コストを削減することができます

特に現金取り扱い業務においては輸送費やATMの設置費用、集計など

莫大なコストがかかっており

現金決済インフラ維持にかかる年間社会コストは約1.5兆円に上がると試算されます

まだ、足元では金融機関や小売業者の収益性や生産性向上に向けたコスト削減の

必要性も高まってきています

また、金融機関や小売業者の収益性や生産性向上に向けたコスト削減の必要性も高まってきています

人手不足が深刻化されている小売業ではレジ現金の残高を確認する作業に

1店舗あたり1日平均で2時間半も時間がかかっています

会計業務における効率化や省人化が求められる中、米国や中国ではキャッシュレス決済技術をさらに進化させ無人店舗を展開する企業も登場しています

様々なものが変わる中、まさに、今、必要なのはNURO光と考えられます

 

 





\ SNSでシェアしよう! /

三橋里絵のもてる男になるヒントの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

三橋里絵のもてる男になるヒントの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • スニーカーを履かせる男

  • 泣きながらご飯を食べる男

  • 不動産投資をするのに良い物件

  • お金持ちになる人は不動産投資をしている

関連記事

  • nuro光は未来の子ども達への贈り物

  • 不動産投資の収益改善と空室対策

  • NURO光で人々の期待を上回る成果をだそう

  • 日本海でもNURO光

  • 光回線、NURO光で夢を叶える

  • 綺麗になるにはエステとNURO光で