1. TOP
  2. 光コンセント
  3. 時代を超えて生き続ける光回線、NURO光

時代を超えて生き続ける光回線、NURO光

光コンセント 光回線 この記事は約 3 分で読めます。

アールヌーボと聞いて誰もが思い浮かべる繊細で華やかな女性像を描いた

芸術家アルフォンス・ミュシャは没後80年

渋谷の文化村で展覧会が夏にスタートしました

幼少期の貴重な作品や蔵書や工芸品、20代で手掛けたデザインやイラストミュシャの名を

一躍、有名にしたポスターなどを通じてミュシャの原点と魅力が満載の展覧会です

まさに時代を超えて生き続けています

光回線、NURO光の今後の姿といって過言でありません

5Gの通信速度はサービス開始当初から下り最大で10Gbpsになると言われています。そして将来的には、下り最大20Gbpsに達するともアナウンスされています。それと比較して、固定ネットワークを利用する光回線の通信速度は下り(上りも含む)最大1Gbps。

 

NURO光では最大で10Gbpsのサービスもありますが、主流なのは2Gbpsのサービスです。5Gサービスがスタートしたら、最大通信速度で負ける光回線はいらなくなるのでしょうか

 

現在、4Gで通信速度が最速なのは、NTTドコモが提供している「PREMIUM 4G」の下り最大通信速度1.288Gbps(理論値)です。ただし、これは5つの周波数を束ねたパターンで実現している数値です。周波数1波だけだと、下り最大通信速度788Mbpsが最大となります。

 

しかし2020年に商用化を予定している5Gの場合は下り最大通信速度10Gbpsでサービスが開始され、将来的には下り最大20Gbpsに達する形となっています。

なぜ4Gから5Gに変わっただけで、こんなに通信速度が速くなるのでしょうか。その最大の理由は、4Gと5Gで使用する電波の周波数帯が異なるからです。

 

4Gで使われている周波数帯は主に2GHzから3.6GHzです。一部では700~800MHzも使われています。それに比べて5Gには、4Gよりもはるかに高い周波数帯である3.7GHzと4.5GHz、それに28GHzが通信キャリア4社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイル)に割り当てられています。

href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35LMGD+BAN2YA+38O0+BYLJL” rel=”nofollow”>

 

5Gは4Gで使われている周波数に加え、6GHz以上の周波数を使って通信を行うようになりました。携帯電話事業者は28GHz帯域での実験を続けていますので、商用化される際には28GHz帯域での通信がメインになるものとみられています。

 

5Gにはなぜ高い周波数帯が割り当てられたのかというと、周波数が高い帯域は他の通信などにあまり用いられていないからです。あまり用いられていないことにより、広い帯域幅をモバイル回線用に確保でき、高速化と大容量化を実現できるわけです。

 

 

 



\ SNSでシェアしよう! /

三橋里絵のもてる男になるヒントの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

三橋里絵のもてる男になるヒントの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • スニーカーを履かせる男

  • 泣きながらご飯を食べる男

  • 不動産投資をするのに良い物件

  • お金持ちになる人は不動産投資をしている

関連記事

  • NURO光と科学の常識を知ろう

  • NURO光!!紹介キャンペーン!!

  • NURO光とお茶

  • NURO光デビューを応援してます!!!

  • 別荘を持つ人たちにもNURO光

  • NURO光にとってのスポーツ、ロイヤルにとってのスポーツ